ThinkPhone K800


K800は直販サイトで買えません



 

ThinkPhoneK800 (Lenovo K800)   発売時期 2012/06

LCDサイズ LCDタイプ CPU 内蔵メモリ  sdcard 重量 ワイヤレス
4.5型 IPS TFT 
解像度1280×720ドット
Intel Atom
processor Z2460
1GRAM 変更不可 16G 変更不可 161g WiFi 

メーカのページ ThinkPhone K800

特徴



                 Lenovo+Intelのスマートフォン 登場 


・CPUはIntel Atom processor Z2460 シングルコア1.6GHzが載ったスマートフォン
  残念ながら動作は速くありませんでした。GslaxyS2などのAPQ80601.5GHz(DualCore)の方が高速

・スマフォとしての出来は高品質 細部の噛み合わせや光沢 質感、など満足いくレベルです。

・ご覧の通り 赤ぽっち はどこにもありません。

・角ばったフォルムでThinkPadを彷彿させます。

・lenovoは中国ではlePhoneとして多くの機種をラインアップし多くのシェアを持っており中国ではメジャーな電話機のメーカです。

・1280×720ドットで高精細(HD720)

・OS:Android2.3.7

・ネットワーク:GSM 900/1800/1900/2100  WCDMA 900/1900/2100

・大きさ:130.5x71.2x10.95mm

・バッテリパック:1900mA/h

・マイクロSDなどは差し込めない(16Gは変更不可、実際は内蔵ストレージ1.88G+Strage card10.04Gで計12Gほどしか割り当てられない)

・スクリーンショットは 音量のマイナスボタンと電源ボタンの同時押しで撮る 
 その後音量のマイナスボタンはへこんだまま戻らなくなった音量プラスボタンを押せば直る。

・なんとGooglePlayに対応していません(2012/06現在) その替わりに「楽商店」なるアイコンがある
  今回は飛行機モードのみのテストな為詳細なレポートは出来ませんでした。

・カメラは相変わらず しょぼい 期待はしてはいけません。

・日本で発売されればきっと私は携帯し、使い倒します キリッ

・過去にはIBMブランドで AI-15 というPHSがあった。

・ThinkPadな廃(Hi)人として常に身に着けている携帯はりんごマークでも、銀河でもないThinkPadブランドの端末を携帯したい。

 

lenovo K800 + Intelのビデオ


  外箱
  中身
  付属品 
バッテリパックは 1個(内蔵済み)のみ
  ACアダプタ
5V 1000mA出力
  ヘッドセッを挿した様子
  飛行機マークで通電してみる
  ロック画面
  HOMEボタンは
ハードキーではありません
  上面 

電源スイッチと ヘッドセットジャックのみ
網に中には何も無い
網の下の穴の裏にセカンドマイクあり
  底面
スピーカ (網の中)と
マイクロUSBのみ

このマイクロUSBで充電する 
  裏面 上部
カメラとフラッシュ

裏のカバーの表面処理が良い

ツルツルでもなく
良い感じで檜の柾目のような
凹凸があり高級感がある
  裏面 底部
ランボルギーニ ガヤルドみたいな
個性的な外観

マイクロUSBは左側に
オフセットされている。

出来れば中央が使いやすい
  別角度
  裏側
インテルのステッカあり
 
マイクロUSBのコネクタが
中央に無いので
このようなスタンドで
ケーブルが差し込めなく不便
よっぽど特殊なスタンドを探さないと
机にじか置きでカッコ悪い。
  解像度はこんな感じ
  カバーを外した様子

アンドロイドでは一般的な配置
  バッテリパックを外した様子
  良く見ると

WiFiや3Gのアンテナが見える

  底部
カバーを外した様子
  上部
カバーを外した様子
ロボット見たいな装い
  カメラ近傍

フラッシュは2個
  上部

電源ボタン 

凸っていない
  前面
  やっと
タブレットと電話機がLenovoで揃った
  iPhone4との比較

今となっては標準的な大きさの

K800

丁度いいサイズ

日本での発売を期待します。
  GalaxyNote LenovoK800 iphone4 XRERIA rey


 

AnTuTu 安兎兎ベンチマーク - Google Play の Android アプリ



CPUのスペックは悪くありませんが
通常Galaxy Noteを使っているとやはり、もたつく感じです。





 


・ずばり買いか?

 買いと言うか日本で売っていません、日本で使えません。
 買いでもない。



・では 

マルな所から
 電源スイッチが上部にあり押しやすい
(側面にある機種Galaxyなどは電源ボタンを押すときに音量キーも押してしまい、着信音量をその都度気に掛けなければならない)
 造りが良い、裏のカバーの表面処理が良い
 高精細なディスプレイ
 とにかく lenovoブランド
 全体の外観が個性的でどこにもまねしていない
 丁度いい大きさWebサイトもPCモードで閲覧OK

NGな所
 googlePlayが無い(機種登録できない)、本国(中国)では替わりの仕組みをlenovoが提供しているので不便ではない様子。
 マイクロUSBのコネクタが右にオフセットされておりカーホルダーやスタンドにハマらない
 日本で使えない(当たり前です)
 ThinkPadTabletよりはよくなっていますがカメラがしょぼい。
 CPUも期待はずれ、、(遅くはないのですが)

で、どういうこと、、

lenovoジャパンがを日本向けにgooglePlayやモバイルネットワークを調整し、CPUを強化した時期モデルを期待しましょう。



 むりやりThinkPhoneK800としてレポートしましたが lenovoK800 が正式名称です。


ThinkPadは↑から購入できます。
ThinkPad Love TOP

メモリは中部ノートセンターへ
ibmpc.jp